愛犬とアロマを楽しむ

 アロマ精油の芳香成分には長寿遺伝子を活性化させる作用があります。また、ほとんどの精油には,抗菌作用とホルモン用作用があります。ただし、抗酸化作用については精油により逆の作用をもたらすものもありますので抗酸化を期待するときにはご注意ください。
 いずれにせよ、楽しくアロマをお使いいただくのが(愛犬も含めてですが)一番いいかなと思います。一番の問題は愛犬とご家族どちらも気に入る精油を見つける事です。

 まず、飼い主様がアロマ精油のショップで気に入りの精油がみつかりましたら一種類だけ一滴ティッシュにつけてそれをビニール袋にいれて(店員さんの許可とって下さい)家に持ち帰り着替えた後にビニール袋にいれた状態で何気なく犬の近くにおいてみてください。反応なければ何気なくビニール袋を開けて様子みてください。タオルなどで犬がティッシュを隠そうとするなり、近くにくるようなら相性悪いかもしれません。袋を開けた状態で、食事したり飼い主さんになでてもらったり普段とおりならまず大丈夫でしょう。

 次には精油をティッシュやタオルにつけて香りを楽しみましょう、そのつぎはデフューザー(犬が倒しても平気なもの、噛んでも怪我しないもの、電気電線などを犬が噛むおそれのないものを)、私個人では充電式で間欠的に作用し、平たいものを使用しています。犬から少し離れた場所に設置して様子を見てください。
 アロマバスもお勧めです。バスオイルに精油を入れて使うたびに作って下さい。成人だけなら5~10滴、小さいお子さんや犬にお湯を使うなら1~2滴にしてください。香りがすぐなくなりますので湯船につかってからいれるのがいいと思います。余談ですが、パルマローザを使うと浴槽のぬめりがなくなるのと、このお湯で洗濯すると部屋干ししてもあまり臭いません(外で干すと臭わないのはオゾンの殺菌作用によって臭いのもととなる雑菌がなくなるためです)。
 香りを楽しみたいときは柑橘系の精油を、気分が落ち込んでいるときには贅沢してネロリ精油などいかがでしょうか。